グラジニテ=テイーラがヴァインベルクの重要なオペラを指揮

グラジニテ=テイーラがヴァインベルクの重要なオペラを指揮

テアトロ・レアル (マドリッド)

160分

ヴァインベルクのオペラ《パサジェルカ》は、強制収容所から生還したゾフィア・ポシュミシュの1962年の小説を原作とした作品です。20世紀後半における最も重要なオペラのひとつであり、テーマの内容もあり、現代を生きる我々が観るべき作品と言えるでしょう。本映像はデイヴィッド・パウントニーによる演出、ヴァインベルク再演に貢献しているアーティストであるミルガ・グラジニテ=テイーラの指揮によるものです。会場は優れた音響を誇るマドリッドのテアトロ・レアルです。

ソリスト
ギューラ・オレント (バリトン)、ダヴェダ・カラナス (メゾソプラノ)、ニコライ・シューホフ (テノール)、アマンダ・マジェスキー (ソプラノ)
演奏
マドリード王立劇場合唱団、マドリード王立劇場管弦楽団
指揮
ミルガ・グラジニーテ=ティーラ