プレトニョフが奏でるショパンとスクリャービン

プレトニョフが奏でるショパンとスクリャービン

ライスハレ、ハンブルク

100分
ドルビーアトモス対応4K対応

ミハイル・プレトニョフは、40年以上にわたり、同世代で最も魅力的なピアニストの一人、非の打ちどころのないテクニックと探究心に富んだ音楽的思考を兼ね備えたアーティストとしての評判を享受してきました。ここでは、その特質が2組の前奏曲集に生かされています。ショパンの24の前奏曲は、バッハへの愛に一部インスピレーションを得たもので、ありとあらゆる長調と短調を経て、万華鏡のような音楽的ムードと感覚を作り出しています。続くスクリャービンによる、より聴き馴染みのない24の前奏曲は、ショパンの前奏曲から着想を得たものです。ショパンと同様に調性のアウトラインに沿って作曲されており、この独創的なロシア人作曲家の初期の音楽語法について、興味深い示唆を与えてくれます。真のピアノの巨匠が演奏する、実に魅惑的なプログラムとなっています。

ソリスト
ミハイル・プレトニョフ (ピアノ)