カラヤンがベルリン・フィルと共に奏でるベートーヴェンの《ミサ・ソレムニス》
コンサート

カラヤンがベルリン・フィルと共に奏でるベートーヴェンの《ミサ・ソレムニス》

ジョゼ・ヴァン・ダムらと共に

収録日: 1985年9月29日
83分

20世紀のクラシック界を牽引した伝説的なカリスマ指揮者であるヘルベルト・フォン・カラヤン。彼はベートーヴェンの大作《ミサ・ソレムニス》を数回録音していますが、本映像でご覧いただけるのは4度目の録音となった1985年のものです。ジョゼ・ヴァン・ダムなど当時はまだ若手であった歌手たちを積極的に起用し、独唱はもちろん、重唱の隅々にいたるまで美しい響きに徹底的にこだわり抜いています。晩年のカラヤンならではの格調の高い演奏をお楽しみください。

ソリスト
レッラ・クベルリ (ソプラノ)、ヴィンソン・コール (テノール)、トゥルデリーゼ・シュミット (メゾソプラノ)、ジョゼ・ヴァン・ダム (バスバリトン)
演奏
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン楽友協会合唱団
指揮
ヘルベルト・フォン・カラヤン