ガランチャ出演、パッパーノ指揮による《サムソンとデリラ》
オペラ

ガランチャ出演、パッパーノ指揮による《サムソンとデリラ》

2022年、ロイヤル・オペラ・ハウス

収録日: 2022年6月10日
135分

世界の歌劇シーンをリードする英国ロイヤル・オペラ・ハウスで上演された。サン=サーンスの代表作《サムソンとデリラ》をお届けします。注目は近年、ドラマティックな役柄でスター・メゾの貫禄を見せるガランチャが演じるデリラですが、代役によって初のサムソン役でロイヤル・オペラへの鮮烈なデビューを果たした韓国のテノール、セクジョンも見事な歌唱でロンドンの聴衆を魅了しました。指揮は安定のパッパーノで、演出は複数のローレンス・オリヴィエ賞に輝く英国が誇るリチャード・ジョーンズ。実に40年振りとなった上演に沸く会場の盛り上がりを体感ください。

ソリスト
エリーナ・ガランチャ (メゾソプラノ)、ルカシュ・ゴリンスキー (バスバリトン)、ペク・セクジョン (テノール)、ブレーズ・マラバ (バス)、ゴデルジ・ヤネリッツェ (バス)
演奏
コヴェント・ガーデン王立歌劇場合唱団、コヴェント・ガーデン王立歌劇場管弦楽団
指揮
アントニオ・パッパーノ